自分が本当にやりたいことをやる

私の場合は、これといった苦労もなく育ててもらって、成人になってからの人生も自分なりにスムーズにすすんでいる。

人生というのは他の人と比べるものじゃないけれど、これだけ回りに大変そうな人がいると、何が違いなんだろうかとふと思ったりする。

今年は個人的にはいいことばっかり。これまで以上にすごくいい年だ。

でも地球全体を一般報道を通して見たら、かなり大変な年になっている。

なんか、違った次元にいるような感覚。


私は今もこの大地に足をつけて、世間のニュースにも耳を傾け、他の人の話も聞いて、日々を過ごしている。

心に響くことは、その人が自分でやっていることを感じた時。

やっぱり基本は、おじいちゃんに教わった、「何事も人のせいもののせいではない」ってこと。

自分で決めてじぶんでやる。それこそが人生だと私は思っている。

自分と相談して決めたことはたいていはその通りになる。

どこか人任せにしているといつの間にか曲がっていってしまう。


自分の人生は自分の責任。

自分と話し合って、自分の本心がやりたがっていることを実行したら、きっといいことがある。


//////////////\\\\\\\\\\\\\\


茨城県の平野清子さんは、市民の大豆食品勉強会&茨城アイガモ水田トラストの世話人をしている。以下、平野さんから送られてきたメッセージ。

今日は、世話人の平野です。

「脱原発ネットワーク茨城」からの情報をBCCで転送します。
重複受信された方は、お許しくださいませ。

★Youtubeをご覧下さい。
児玉龍彦さん、衆議院厚生労働委員会
「放射線の健康への影響」参考人説明
http://www.youtube.com/watch?v=O9sTLQSZfwo



先日、来日したECRRのクリス・バズビー博士は、「政府がやってくれるのを待っていてはダメだ、自分たちの健康、命は人たちで守るべく、市民の力を集めて行動せよ」と盛んに仰ってましたが、私達も、児玉さんのような指導者の元、力を結集して除染、国の立て直しに尽力すべき時ではないでしょうか? 平野

児玉龍彦国会発表概要はここからダウンロードできます。
[PR]
by akiko-gf | 2011-07-30 09:54 | way of life