悟って、解放して、年明けだ

a0104020_1071034.jpg

大晦日の朝、急にホームシックになった。スウェーデンに来てから、初めてだと思う。

デンマークに住んでいるオーストラリア人の友達がよくホームシックだと言っているけど、自分は今までそれを感じたことがなかったから(胸の奥では感じていたのかもしれないけど)、びっくりした。

ここ数週間、話していなかったけいこちゃんとスカイプで話して、一緒に泣いた。それですごくすっきりして、なんだか軽やかな気分になって、群馬の父に電話した。埼玉のマーティンにも電話した。日本の家族は変わらずみんな元気だった。

夜はぺトラの家に行った。ぺトラと双子のオーセは、私を姉妹のように思っていると言って、いつも家族で集まるときに私を誘ってくれる。ありがたい。

ニンナからは電話があって、お互いの友情に感謝しあった。

スウェーデンでは年が明けると同時に大きな花火を上げる人が多い。23時には自転車で家に帰ってきた。今夜は空は曇っているけど、今年は雪がないからすいすいと自転車が進んだ。

家に帰ってくると、猫達はみんな家の中にいた。ダヴィッドは夜勤で、この年越しは仕事場だ。

年が明けて、町の人たちが花火をたくさん上げている時、その爆音を聞きながら、私はダンボールの裏側に大きくマジックで「GOTT NYTT ÅR 2012」と書いて、玄関のドアにガムテープで貼った。猫達は爆音に驚いて、家具の下にあわてて潜ったりしている。マッツは音がするたびにびくっとして首をすくめた。

それから、セージで家の清めをして、庭に出て、ヤキのチーフの歌を大空に向かって大声でうたった。すごく楽しく愉快な気分になって、思わず飛び跳ねたりもした。

大晦日の昨日と元旦の今日、私は今まで自分で自分を縛っていたものからの解放が始まったことを実感した。

どうぞよいお年を!
a0104020_10563147.jpg

[PR]
by akiko-gf | 2012-01-01 01:55 | way of life