うらやましいって? - envious? -

西向きの窓から空を眺めていたら、数年前にヤキのチーフと話したことを思い出した。
a0104020_355267.jpg
「どうして人はお金がないのにモノを欲しがるんだろうか。どうして借金をしてまでモノを欲しがり、借りたお金を返すためだけの奴隷のようになって、時間やエネルギーをつかって年を取るようになったのだろうか。そのことのためにこの地球に来たのではないのに」。

私は2歳からおじいちゃんの家で育った。初めての仕事は19の時。社会に出てから最初の5年間はお金を貯めてはよくヨーロッパ一人旅をした。東京に出てアパート暮らしを始めたのは24の時。夫と一緒に暮らし始めたのが25で、27の誕生日に入籍をした。そして28の春にスウェーデンに越して来て、夫がエリックおじいさんからいただいたこの家に暮らすようになった。

私は借金いっさいなしの現金主義。

「働かざるもの食うべからず」という時代のおじいちゃんに育てられたからかな。

「さずかったものだけでじゅうぶんしあわせ」と、おじいちゃんは口癖のように言っていた。

「おばあちゃんの味噌汁とごはんがあればじゅうぶん。あぁ、ありがたや、ありがたや」。

「一円を笑うものは一円に泣く」。

おじいちゃんとおばあちゃんとの暮らしの中で、私はたくさんのことを学んだと思う。思い出はあふれるほどたくさんある。

私は他の人のことをうらやましいと思ったことはない。さずかったものだけでじゅんぶんしあわせだから。

車もないし、冷蔵庫もないけど、不便だとは思わない。逆に、ないほうが環境にやさしいからいいやって思っている。

おばあちゃんは私によく「お前は欲のない子だね」と言った。テストの点数が少なかったり、運動会の競争で遅くても悔しいとか思わなかったから。

子どものころからアキコは我が道を行く人だった。

はっきりといやだと思っていたことは、「人と同じなこと」。

自分を生きるのが最初からずっと好きだった。

だから比べない。だから、うらやましく思わない。

ただただ自然に生きる。本気のシンプルライフ♪♪♪

アキコはみずがめ座です。
a0104020_4215899.jpg
アクティヴィストに向いているんだって。

なるほどね~。納得。
[PR]
by akiko-gf | 2008-04-09 20:53 | way of life