カテゴリ:way of life( 90 )

ゆっくりと、のんびりと

ガレージで薪を袋に詰めながらふと思った。

もう12月なんだ。

今年は中身が濃かったからか、いつもより早く師走になった気がする。

新しい経験もたくさんあった。

あと二ヶ月ほどで47歳。
a0104020_927440.jpg
そろそろ力を抜いていこうと思う。

40代は働き盛りなんて言ったりもするけど、19から世に出た私はもういっぱい働いた気がする。
これからは意識して、ゆっくり、のんびり、地球の時間を味わっていこうと思う。

猫達はすごい。のんびりの術を色々と教えてくれる。

猫達には本気で癒される。

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

12月10日にはスコーネのクリファンスタでスローフードの小さな紹介イベントをやります。詳細はこちら>
http://slowfoodiskanenordost.se/
ご近所の方は遊びに来てください。

10:e december
tid: 12.00-17.00
Internationella Terra Madre dagen firar vi i Café Miró på Regionmuseet Kristianstad.

あと、一昨日、掲載された記事です>
http://www.foodmonitor.se/index.php/kroenikor/5-kroenikor-/1135-konsumenter-kan-medvetet-vaelja-gmo-fri-mat

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
[PR]
by akiko-gf | 2011-12-05 01:01 | way of life

虹の船

週末に虹の戦士の船がストックホルムの港に来ていた。

私は行かなかったんだけど、2800人以上が船を訪れたそう。

グリーンピースがYouTubeでその様子などを紹介している。

Snippets and Stories from the Rainbow Warrior by Greenpeace

色々と興味深い映像があるけど、中でも私が気に入ったのがこれ。

Stories from the Rainbow Warrior: A Cree Prophecy



地球が病んで
動物たちが
姿を
消しはじめるとき
まさにそのとき
みんなを救うために
虹の戦士たちが
あらわれる

[PR]
by akiko-gf | 2011-11-23 11:19 | way of life

つながっていること

ずっと自分としっかりつながって一緒にいきている。

おじいちゃんから教わって、おばあちゃんが支えてくれて、家族や友だちにも見守られてずっと生きてきた。

答えはすべて自分の中にあるから、本気で困って悩むことなどなく、これまで生きてきた。ちょっと悩んでいるような時は友だちに話して、空気を入れ替えてもらったりもするけど、やっぱり決めるのは自分。

自分で生きることを妨げられたこともほとんどないような気がする。何かあっても、それらは成長のために必要なことだと解釈しているから、乗り越えるのは当たり前のこと。乗り越えられないようなものはない。それに乗り越えるのは大好き!

でも、地球で生きる多くの人がすごく大変そうなことはずっと感じていたし、見せてもらっていた。子供のときからそれは知っていた。

それで、常に自分に問いかけていたことは、自分に何ができるだろうかって事。

これまでも自分がその時その時、本当にやりたいことを軸にして生きてきた。行動してきた。人や世の中、世界のために何ができるのかと自分に問いかけながら。

やり方や表現の仕方は常に変わっていく。

このごろ、自分のやることがもっとくっきりしてきた感じ。

圭子ちゃんが来て、私がスウェーデンでご縁をもらった友達たちに一緒に会って、どんどんはっきりしてきた。

まだ字にちゃんとまとめられないけど、ぼちぼち綴ってみようとおもっている。

とにかく、いつも思っていることは、みんながそれぞれ自分としっかりつながって生きていけたらなぁってこと。

自分と一緒に生きている人たちと力をあわせて協力し合って

もっとつながっていく気配。
a0104020_1822590.jpg

[PR]
by akiko-gf | 2011-10-06 10:34 | way of life

人生を真剣に生きる

Hon tar livet på allvar 彼女は生きることを真剣にとらえる

てなタイトルでローカル新聞にとりあげられました。

いつものような環境のこと中心じゃなくて、人生哲学って分野になってました。

- Min farfar var livsfilosof och pratade alltid med mig om livet, minns hon Om jag har en fråga så behöver jag bara ställa den till mig själv. Jag har redan svaret inom mig för det fick jag när jag var barn.

子供のときに教わったから、すべての答えは自分の中にあるっていう、いつものアキコ節です。

スウェーデン人にはこういう感じ、わかるんだろうか?


---





[PR]
by akiko-gf | 2011-08-18 18:34 | way of life

自営で自由に

8月から仕事が20%になった。だから職安に登録してきた。

ちょっと気になる会社もあるけど、実はそろそろ自営で自由に生きることを考えている。

自営の家族で育ったせいか、自営はやっぱりしっくりくるかなって気がする。

19から社会に出て、色々と経験させてもらった。

スウェーデンで自営している日本人の友だちも何人かいるし、アドバイスなどもらって、やってみようかなと思っている。

さてと、どんなものになるかはこれからのお楽しみ。

人生はたのしむもの。
[PR]
by akiko-gf | 2011-08-03 17:48 | way of life

自分が本当にやりたいことをやる

私の場合は、これといった苦労もなく育ててもらって、成人になってからの人生も自分なりにスムーズにすすんでいる。

人生というのは他の人と比べるものじゃないけれど、これだけ回りに大変そうな人がいると、何が違いなんだろうかとふと思ったりする。

今年は個人的にはいいことばっかり。これまで以上にすごくいい年だ。

でも地球全体を一般報道を通して見たら、かなり大変な年になっている。

なんか、違った次元にいるような感覚。


私は今もこの大地に足をつけて、世間のニュースにも耳を傾け、他の人の話も聞いて、日々を過ごしている。

心に響くことは、その人が自分でやっていることを感じた時。

やっぱり基本は、おじいちゃんに教わった、「何事も人のせいもののせいではない」ってこと。

自分で決めてじぶんでやる。それこそが人生だと私は思っている。

自分と相談して決めたことはたいていはその通りになる。

どこか人任せにしているといつの間にか曲がっていってしまう。


自分の人生は自分の責任。

自分と話し合って、自分の本心がやりたがっていることを実行したら、きっといいことがある。


//////////////\\\\\\\\\\\\\\


茨城県の平野清子さんは、市民の大豆食品勉強会&茨城アイガモ水田トラストの世話人をしている。以下、平野さんから送られてきたメッセージ。

今日は、世話人の平野です。

「脱原発ネットワーク茨城」からの情報をBCCで転送します。
重複受信された方は、お許しくださいませ。

★Youtubeをご覧下さい。
児玉龍彦さん、衆議院厚生労働委員会
「放射線の健康への影響」参考人説明
http://www.youtube.com/watch?v=O9sTLQSZfwo



先日、来日したECRRのクリス・バズビー博士は、「政府がやってくれるのを待っていてはダメだ、自分たちの健康、命は人たちで守るべく、市民の力を集めて行動せよ」と盛んに仰ってましたが、私達も、児玉さんのような指導者の元、力を結集して除染、国の立て直しに尽力すべき時ではないでしょうか? 平野

児玉龍彦国会発表概要はここからダウンロードできます。
[PR]
by akiko-gf | 2011-07-30 09:54 | way of life

また見てみた


[PR]
by akiko-gf | 2011-07-25 21:54 | way of life

願って、そして行動しよう

ホピからの手紙はここで。

無常。。。
感謝。。。
自分に、地球に、正直に。
[PR]
by akiko-gf | 2011-03-23 14:33 | way of life

競争から協力へ

私は遺伝子組み換えを阻止しようと1996年からずっと自分にできる行動をしている。

この行動は、自分にとっては競争じゃない。反対運動はまるで勝ち負けを争っているように考える人もいるかと思う。

でも私の解釈はちがう。

私は他の人と競争することとか比べることが子供のときから好きじゃなかった。

学校には成績というのがあって、それが人間を比較するものさしに使われていることには子供のときから疑問があった。

学校が競争する場所にもなるってことはわかっていたから、私はそれを無視して、学校は友達や先生と会う場所として利用した。

人が決めている成績や評価には子供のときも今も関心がない。

競争というのは戦争につながっていると私は考えている。

学校の成績とか学歴とか肩書きっていうのには、競争が付きまとっている。

もう競争は終わりにして、地球を、母なる地球を、協力の場にしていきたいと思う。

遺伝子組み換えになんで反対しているのか、原子力発電をなぜ選ばないのかは、それらが、協力の場所にあわないから。それらは破壊のエネルギーだから。

私がいたい地球は、破壊のエネルギーのない地球。

それを目指して、これからも自分でできる行動をとり続けようと思う。

今年は、スコーネ県で一番地球温暖化にやさしい暮らしをしている市民ということでローカルニュースやラジオ、新聞、雑誌に取り上げられた。それも私にとっては競争でもなんでもない普通のことなんだけど、メディアはまるで私が勝った人みたいに書くからちょっと変だなと思った。私は生きることは人との競争だとか思っていない。

もっとみんなが安心して協力して生きられる時がきますように。

もう競争はやめて。
a0104020_4213879.jpg
スローフードの北欧ネットワークでもみんなで協力。
[PR]
by akiko-gf | 2011-03-21 17:29 | way of life

本当の話

ここに書くことはいつも本当のことだし、私はうその話には関心がないから、本当の話ってのも変だけど、スウェーデンに住んでいてよく思うことは、毎日なにかの錠剤を口から体に入れて生きている人が思ったよりに多いんだってこと。

精神安定剤ってのをどうも多くの人が使っているらしい。毎朝、口に入れるそう。こっちの女の人はホルモンピルも毎日、口に入れているから、体はいろんなものを処理するのにやることがいっぱいだね。

それからおなかの具合が悪い人も多いんだそう。これも精神的なことが原因らしい。

私は小さいころから祖父母に、まずは健康!って叩きこまれたおかげで、錠剤を口に入れることはほとんどない。だから、錠剤を体で処理しなくちゃいけない場合と比べたら、楽だね。ストレスないね。

アキコのおなかの調子はすこぶる快調!いつも!

自分では当たり前のことだと思っていたけど、最近は自分の体(体の中で働いていてくれるものたち)にすごく感謝している。

べジ信仰じゃないんだけど、私の場合は、べジ食に変わってから、おなかが痛くなったことの記憶がない。べジがかなり自分に合っているんだと思う。

野菜大好きだしね。やっぱり好きなものを感謝して食べるのが一番の健康の秘訣かな。

それからあんまり余計な薬品を入れないことには気をつけている。わけのわかんないものは、処理するのもさらに手間がかかると思う。

でも、実際には色々なことが邪魔をして、それができない人もいる。つらいね。

今年になって知り合って友達になった人の中に、「食卓でいつも家族がけんかをしていたから、家族と一緒にごはんを食べるっていやな思い出で」って話してくれた人がいて、すっごくショックだったんだけど、また学ばせてもらった。

まだまだ人間の暮らしにはアキコが知らないし考えもしなかったことがありそう。

これからもこの小さな目(まじでアキコの目は小さいし、細い)を見開いて、みんなから色々教わりながら、生きていくんだろうな。

どんどん教えてね!楽しいこともつらいことも。

私もそうするね!

まだまだ奥深い地球の暮らし。
[PR]
by akiko-gf | 2010-11-23 13:20 | way of life


地球明子の地球感じて地球暮らし


by akiko-gf

プロフィールを見る
画像一覧

リンク

検索

画像一覧

以前の記事

2015年 10月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月

その他のジャンル