活発モード - active mood -

あぁ、もうすぐ今日が終わってしまう。寝なきゃ~!

とは思うんだけど、最近アキコはまたまたかなり活動モードです。

Skypeをチェックすると、まだ4人くらいEU加盟国の友達がいる。彼らも活動モードなのを、私は知っている。

日本のモードとEUのモードはなんか違う。

日本にもたくさん遺伝子組み換え食品に反対している人々がいて、彼らも様々なアプローチで遺伝子組み換え汚染を拡大しないように頑張っているのを私は知っている。

じゃ、EUとの大きな違いは何かな?と思うと、はっきりしているのはメディアだと思う。

EU加盟国のメディアはよく遺伝子組み換え(GMO)関連問題を取り上げる。

今夜もBBCラジオで30分番組があった。ちょっと偏った番組ではあったけど、でも聴いてよかった。推進派は相変わらず「飢餓の問題」を例にあげて、遺伝子組み換えを宣伝しようとしていた。ラジオから伝わってくる声から放たれるエネルギーがバチバチしていて心地悪かった。反対派(慎重派とも言うけど)を代表してGM Watchのジョナサンが話をした。ジョナサンが言葉を慎重に選んでいるのが感じ取れた。録音だったから、どんな風に編集され放送されるか本人はドキドキだったみたいだけど、伝えたい内容はカットされていなかったと私は思った。明日もインターネットで聴けるので興味がある人は聴いてみて下さいな。

フランス政府は先週の金曜日の夕方、「遺伝子組み換えトウモロコシの国内での栽培を禁止する」と発表した。これは世界のニュースでも報道されたけれど、日本の大きなメディアは取り上げなかったみたい。

EU加盟国の中で、スウェーデンはあんまりかんばしくないかも。野外での試験栽培をばんばん認めている。大スキャンダルだと私は思う。

だから、アキコは活動モードです。

前にも書いたけど、EU加盟国にはこんなにたくさん、「遺伝子組み換え作物を栽培しない地域」がある。
a0104020_841765.jpg
残念ながらスウェーデンにはまだない。

そして、世界のところどころがもう遺伝子組み換え汚染されてしまった。
a0104020_8133953.jpg
さてと、今年はスウェーデンに喝を入れなくちゃね!
[PR]
by akiko-gf | 2008-01-17 23:43 | GMO